グッと心揺さぶる!写真の撮り方

ぼかした写真を撮りたい! 人を浮き立たせるように撮りたい! 星空を綺麗に撮りたい! 撮影テクニックを紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々しすぎて息をのむ。クリビツテンギョーな京都夜景の撮り方

P3093410.jpg
Olympus EP3 14-42mm f3.5-5.6ⅡR
う、美しい・・・
清水の舞台とはまさにこのこと。
吸い込まれるような1枚。

I ♡ JAPAN


神社・仏閣・寺。
日本古来の景観を未だ残す京都。
なんて神々しいのでしょう。
美しいのでしょう。

一昔前の日本はこのような景観が当たり前だったという事実はたったの500年前の出来事なのです。
あなたのまわりの景観はどうですか?
なんの面白みも無いコンクリートマンションがいっぱい並んでいますね。
あの外国とも日本とも呼べない中途半端な景観は一体どんな狂気の沙汰が生み出したものなのでしょうか。
ぐぬぬ・・・。
あの京都をもう一度・・・
たい・・・
京都を撮りたい・・・


・・・お待たせ致しました!

そうだ!京都を撮ろう!のコーナーです!
待ってねーよ


ということで今回のテーマはずばり「夜の京都」。
京都観光といえば昼間にたくさんの仏閣を市営バスで回るのがセオリー。

昼間に歩き疲れ、夜は旅館の素敵な
お・も・て・な・し
おもてなし!

のフルコース。
美味しい京料理に極上の宿。
ん〜マンダム。

今日はゆっくり休んで明日は早くから出かけ
ちょっと待ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


甘い!甘すぎるぜ!
京都はいつ観光するの?

夜でしょ!!

というのは言い過ぎですが、夜の京都には素晴らしい趣きがあります。



宿に戻って夜の都へ

宿に荷物を置いたら、早速明るいカメラを持って出かけましょう!

・建物を撮る用に広角レンズ
・明るい夜を撮る用に単焦点レンズ

この2つを持って行きたいところです。

本当は三脚も持って行きたい所です。
夜の撮影はぶれやすいので、三脚でしっかりと固定して撮った方が確実にキレイな写真が撮れます。

そもそもぶれるのには理由があります。
それは夜はカメラに取り込む光の量が極端に少ないからです。
ん?
どういうこと??

カメラはボディの中に入っているセンサーに適切な量の光を当てて撮影を行います。
このセンサーに当てる光が少ないとセンサーが反応せず、シャッターを切ることができないのです。
夜は見ての通り暗いから夜なのであって、昼間のように撮ることができなくなります。

なので昼間よりシャッターを長く開けて十分に光を取り込んでから、写真を撮らなければならないのです。
でもシャッターを長く開けていると手がプルプルしてきます。
もうダメだね。
写真はぶれぶれです。

だから三脚があれば綺麗に撮れるのです。
持って行くのが荷物になる人はしっかり脇を閉めて固定してシャッターを切りましょうね。


P3093387.jpg
Olympus EP3 14-42mm f3.5-5.6ⅡR



お寺を大きく写す広角レンズ

広角レンズはその名の通り「広い角度で撮ることができるレンズ」です。
人間の視野で見える範囲は決まっています。
50mmレンズが大体人間の視野の角度らしいですね。

広角レンズは14mmなどのような50mmを基準に少ない数字のmm数のレンズのことを指します。
広角レンズを使うと自分の視界より大きく、広く写すことができるのです。
大きな清水寺をダイナミックに撮りたいとき等は非常に有効です。
広い範囲を一度に撮影できるので、全体的にピントが合いやすく、単焦点レンズなどと比べるとひと味違った面白さがあります。

P3093426.jpg
Olympus EP3 14-42mm f3.5-5.6ⅡR
水面に写った景色を撮るのも1種の方法です。
夜にしか際立ちませんからね。
ISO感度を6200まであげるとかなり明るく撮れます。
三脚必須ですが・・・



古都を単焦点で

単焦点レンズはズームができないレンズです。
その代わり1個の被写体を強調でき、被写体のまわりがかなりぼけてくれるレンズです。
ぼかして撮ることで被写体を際立って写すことができます。
ふと撮った写真がいい画になったりする時が多いレンズです。

P3093382.jpg
Olympus EP3 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

ふと街並みを撮った写真ですが、何気ない風景が絵になりますね。
連なる鳥居のような建物にピントが合って、なんだか味のある写真になりました。
単焦点レンズで撮るとこのくらいぼけてくれます。
また50mmという画角がこの角度を生み出します。

P3093396.jpg
Nikon 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

こちらも明かりをパシャリと1枚。
F値を低くして撮ることで明るい写真になりました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://photolaballclouds.blog.fc2.com/tb.php/11-9df67c06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。