グッと心揺さぶる!写真の撮り方

ぼかした写真を撮りたい! 人を浮き立たせるように撮りたい! 星空を綺麗に撮りたい! 撮影テクニックを紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We can fly!羽ばたきたくなるほど美しい青空の撮り方

空⑤
Olympus 18mm

スカイツリーよりもスカイブルー


青空をキレイに写すには

・白っぽくなりがちな空を暗くして色濃く写すこと
・空の面積を大きくダイナミックに写すこと

が重要となります。

同じように見える青空でも、よく見ると太陽を中心に、白から青へのグラデーションがあることがわかります。
ダイナミックな空は言葉では言い表せない壮大さがあります。
地球の、自然の雄大さを身にしみて感じる瞬間でもあります。

お〜いお茶より濃〜い空。

空は太陽に近いほど白っぽくなり、遠いほど青が濃くなる傾向があります。
青空を撮るときには、なるべく太陽を背にして撮ります。
自分の頭より後ろに太陽を置いて撮ることで空の青を美しく撮ることができます。
1番重要なのが、濃い色の青空を背景にすることです。
また、カメラは賢い反面、ホワイトバランスがオートだと一番明るい部分を白に近づけようとしますので、F値を大きくしておくといいです。
F8〜以上がいいですね。
F値が大きいと空が色濃く写りますよ!

空④
Olympus 18mm F4
奥に行くほど暗くなっています。
奥行き感が出て立体的な写真に仕上がりました。


ダイナミックスカイ!!

空の写真を撮る時は、空が大きく写るように、海の水平線や地面を構図の下1/5程度に留めましょう。
こうすることで空の空間を堪能することができますよ。
障害物があまり写り込まないようにするのも大きく写す手段です。
その代わりたくさんの雲をいれてあげるのです。
特に夏の入道雲を挟むと空の表情は瞬く間に変わります。

空③
Olympus 18mm F8 
こんなまばら雲がでた時は大チャンス。
下枠ギリギリに海を挟んだことで空を大々的に写すことができます。



これを応用して夏雲を撮ると・・・
空①
Olympus 35mm F6

こんな写真や

空②
Olympus 18mm F5


こんな写真が撮れます!!
15mmなどの広角レンズを使うとより、壮大な写真が撮れます。




淡い空を撮りたい人は・・・


濃い夏空ではなく、冬の済んだ青空を撮りたい人はハイキーでの撮影に挑戦してみましょう。

カメラのメニューから「ピクチャーコントロール」の「輪郭強調」を‘0’に、ボワイトバランスを白に近くなるようにマニュアルで設定します。
これだけです。
カメラによっては淡いモードで撮るものが搭載されているものもありますので、お持ちのカメラをいじり倒してみてください。

空⑥
Olympus 25mm F6

こんな写真や

空⑦
Olympus 18mm F8

こんな写真が撮れます!!!


これで、コントラストの低いほんわかした青空の写真を撮ることができるようになります。

スポンサーサイト

圧倒的壮大感!広角レンズを使った写真の撮り方

オリンパス

広角レンズは焦点距離の短いレンズ



広角レンズの面白さは人間の画角以上に広い範囲を写しだせることですよね。
人間の目で見るよりも遠近感が強調されるので、普段とは違った風景に見えたりします。
広角という名前の通り広い範囲を一度に撮影できるので、全体的にピントが合いやすく、単焦点レンズなどと比べるとひと味違った撮影テクが必要かもしれません。

焦点距離って?


強い光に物を当てると像がボケて写りますよね?近づけたり、遠ざけたりしてみてください。
像がはっきりと写ったり、ぼけて写ったりすると思います。
この像がはっきりと写っている点が焦点です。
そして、この焦点と物までの距離を焦点距離と呼びます。
焦点距離35~50mmを標準レンズ、これより長い距離を望遠レンズと一般的に呼んでいるようです。
反対に標準レンズよりも短い距離を広角レンズと呼びます。
焦点距離が短いと広い範囲を映すことができるので、広い範囲を画角に収めたい風景や、被写体との距離を確保できない室内などの撮影に向いています。

決めては遠近感


15mm
↑ここまでダイナミックに写すことができる!

広角は広い場所が写るだけではなく、遠近感をうまく利用した撮影方法によって、面白い写真が撮れます。
被写体に近づく→被写体が大きく写る
被写体から離れる→被写体が小さく写る
画面が歪んだような写真が撮れるので、風景を下から撮るとダイナミックな見え方になります。
撮影ポジションやアングルによって写りがかなり変わるので、ズームレンズでは味わえない楽しみがあります。
撮影に行く際はフットワークを軽くして、色んなアングルから撮ってみましょう。
画角が広いのでいざ後で撮影した写真を見てみると予想もしないものが写っていることもチラホラ…!

手ブレしにくい


広角レンズは焦点距離が短いので、手ブレしにくいという特長があります。
手ブレしにくので、撮影がストレスにならないことはカメラマンにとって大きな魅力です。
よりダイナミックな構図が撮れることも多いですね!

単焦点と並んで勉強になるレンズ


単焦点レンズはズーム機能がないので、自分の足でアングルを変えたりして構図を決めていきますよね?
広角レンズ自体も被写体を大きく写したいときは被写体に近づき、足を動かさなければなりません。
カメラの機能を存分に堪能しながら撮ることも楽しみの1つですが、自分の足を運んで撮った1枚はやはり面白い絵になるはずです。広角レンズは、撮れば撮るほど面白いレンズです。これほど撮る人によって被写体の見え方が変わってくるレンズはないかもしれません。どんどん写真を撮って、広角ならではのダイナミック感を味わってみましょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。